プロフィール

南川 悦子

 

兵庫県神戸市出身。鹿児島県志布志市在住。

結婚後阪神淡路大震災に遭い、夫の故郷鹿児島へ移り住む。

 

 子供の頃から甘いお菓子やパンが大好きで、お肉中心の料理で育ってきた。子供を産んでから安心安全な食べ物に関心を持ち、玄米が体に良い事を知り、食事に取り入れるが、お菓子やパンが大好きなのは変わらず、家庭料理は洋食を得意げに作り、砂糖を使った料理やお菓子を食卓に出していた。

子育て中化粧が子供に付くのが嫌で(ほっぺすりすり出来ない!)化粧をせずに過ごしていたら、顔に沢山のシミが出来、“お化粧しないでもきれいな肌”に憧れる。

保育の仕事でも子供達と思い切りほっぺをすりすりしたかった為“お化粧しないでもきれいな肌”に憧れる。

また、アレルギーの子供の給食とおやつに疑問を持つようになり、園児全員が同じ給食やおやつを食べられたらいいなという想いがきっかけで、マクロビオティックに興味を持つ。教室に通ううち、いつの間にか極度の冷え性、便秘、低血圧等の体の不調が改善していた。

 保育の仕事をする中、年々アレルギーや発達障害の子供が増え、石塚左玄の「知育、徳育、体育よりも食育が先」という言葉を痛感し、食育の仕事がしたいと思い、大阪に通い、正食協会クッキングスクール認定指導員の資格を取得。

 また、小麦アレルギーの人のために、東京の大塚せつ子グルテンフリークッキングスタジオで、Jr.スペシャリスト・グルテンフリーパン認定講師の資格を取得。

 

その他、米粉マイスター、米粉パンマイスター取得。望診法指導師中級終了。

 

 現在は、有機自然農法野菜作りを勉強中。

子供達に本当の野菜の味と命の循環を知ってもらいたい。

私達の体は食べ物で出来ている。ホクロやシミは体の中の疲れのサイン。

体の不調や弱い心が改善できる料理法を一人でも多くの人に伝えて行きたい。